勉強に関しては楽に逃げていては成績を上げる事はできない

毎日の生活の中には思いがけない隙間時間がたくさんあります。

このような隙間隙間にできた時間を無駄にしたい事が重要です。

このような隙間時間だからこそ勉強に充てると効果が上がりやすいものです。

短い時間であっても勉強に使えるものです。

その5分を無駄にしない。

このような考え方が素晴らしい成果に繋がるのです。

でも5分って決してバカにはできないものなんです。

この小さな積み重ねが勉強に於いて大きな成果が出せるのです。

子供立ちが中学徒くらいになると親が手や口を出すことはだんだんと少なくなります。

幼いころには親の前で勉強していたのに子供部屋に籠ることが多くなり、どのように勉強しているのかも親が把握できなくなります。

教科の勉強も親が把握できなくなって、口を出すとかえって邪魔になることもたまにあります。

小中学徒が自分に合った学習法を見つけるのはいろいろな勉強法を経験する必要があるのだと分かります。

いろいろな勉強法を知っているから自分に合ったものを探し出せます。

私立ちは「少ない労力で点数を上げる方法はないか」などと考えがちですが、そんな効率的な勉強法はありません。

勉強に関して言えば、時間を掛けずに結果だけを追うというのは間違っています。

勉強に関しては楽に逃げていては成績を上げる事はできないのです。

一番避けないのは、やったつもりになってしまう事です。

机にむかって参考書をひろげているだけでやったつもりになってしまう事です。

そんな気持ちだけで成績が上がる事なんてないのです。

独自の勉強法で頑張っている娘達に、小学徒の頃は厳しく勉強をしつけて厳しく振舞っていた私も最近ではめっきりおとなしくなって、勉強についての口出しはしないようにしています。

子供立ちが小中学徒の頃に役に立っ立と言っていた勉強のコツや私がしてきた子供立ちへの「邪魔にならないサポート」を紹介して喜ばれています。

効果が上がる勉強の仕方は個人によって違います。

子供がどの方面に進みたいのかでも違ってきます。

長女が受験生だった頃、通学電車ではいつも立っていました。

いつ共に電車に乗っても席が空いていても立って参考書に夢中になってました。

話しかけてもどうも耳にはいらないようでした。

電車の乗車時間でさえ無駄にしないで勉強してました。

電車内という特別な空間だからこそ、通常よりおもったより集中できたのかも知れません。

人の集中力の限界は15分らしいです。

勉強の場合でも同じなんですね。

この頃は何から何までネットでできちゃいますが、学習塾もネットでの時代になってますね。

全国トップレベルの講師陣の講義を980円の月謝で診放題のネット塾があるので、これはもうおすすめですね。

やっぱり優秀な講師って、子供の気持ちをガシッと掴むのが上手なので、どんどん勉強好きに変身してしまうような感じです。

特にうちの子の場合はそうですね。

何と言っても、これまで苦手意識の高かった科目を好きな科目にしてしまうような講師ってすごいです。

それが月謝980円だなんてびっくりです!

月謝980円で苦手を克服できるネット塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です